王塚古墳(2017/5/5)

王塚古墳というのはあちこちにあるらしい。
福岡県 嘉穂郡 桂川町寿命にある王塚古墳は「5つの色彩で彩られた壁画が石室内ほぼ全面に施されている」(wikipedia)そうだから、素晴らしいものだ。
神戸市 西区にも王塚古墳がある。
三重県では亀山市に能褒野王塚古墳がある。能褒野は「のぼの」と読む。
記紀によれば日本武尊は伊勢国能褒野で死んだとされているので、日本武尊の墓を能褒野墓というらしい。そして亀山の王塚古墳は宮内庁より能褒野墓と認定されている。もちろん実際の被葬者は日本武尊とは考えられず、不明である。
 さて今回私が行ったのは、能褒野王塚古墳からそう遠くない鈴鹿市の王塚古墳だ。

王塚古墳の碑

王塚古墳


王塚古墳

王塚古墳


近隣のいくつかの古墳と共に西ノ野古墳群を構成しその中の最大のものだ。「王塚」というのだから、このあたりを支配し権勢を振るった豪族の墓であろう。それにふさわしい規模を備えている。全長62m、後円部の径は37m、高さは6m、前方部の幅は47m、盾状の周壕、その外に堤もある。6世紀初めのものと見られている。

広告

投稿日: 2017年5月7日 | カテゴリー: 歴史・史跡 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。