天の岩戸が志摩に?(2017/7/9)

天の岩戸といえば、日本神話に出てくる元祖引きこもりの天照大神が引きこもった洞穴だ。
高天原での話だからと場所など考えたこともなかったが、交換講壇で鵜方教会に行く途中に「天の岩戸」という案内標識があったので、帰りに寄ってみた。
ここが「天の岩戸」という場所は日本各地にあるらしい。Wikipediaによると岐阜県から沖縄県まで14個所が名乗りを上げている。三重県だけでも3個所あり、ここもその一つだ。
志摩市磯部町の「恵利原の水穴」がそれである。洞窟の中から湧水が流れてきており、日本百名水の一つに数えられている。
170709_144129

170709_151646.JPG

右側の木、昭和6年に真珠王御木本幸吉氏が植樹したくすのきだそうだ。
拝んでいる女性の前に賽銭箱、その奥のスタンドに柄杓が数本掛かっている。
となれば当然この名水を飲むのだが、
170709_151428.JPG
飲むことを控えなければならない水って、名水と言えるのだろうか?
さて、この洞穴、入ってはいけないが天照大神にしたってこの洞窟の中にいるってとても窮屈だし水浸しになってしまうだろう。
170709_144208.JPG
中はこんな感じ。

たいていの人はここを参拝ないしは観て帰ってしまう。しかしもう一つの洞穴がある。
風穴という。水穴から300mほど奥にある。水が湧き出していない分、こちらの方が引きこもりやすい感じがする。
170709_145132.JPG
水穴から歩いてくるとかなり汗をかく。そしてこの風穴の前に来ると、中から冷たい風が吹いてきて気持ちが良い。
若者4人のグループが穴の前にしゃがみ込んで風を浴びて涼を取っていた。
170709_145731.JPG
この写真にもいくつかシダ植物が写っているが、シダが多かった。下の写真は丸くカーブしているのがおもしろい。丈は高くならず、地面に近い。
170709_150942.JPG
夫婦と思しきカップルの女性の方、鳥居を通る度に一礼していた。
さすが伊勢だけあると思ったのだが、他の地方でもこういう人はいるのだろうか。

広告

投稿日: 2017年7月10日 | カテゴリー: 未分類 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。