カテゴリー別アーカイブ: 公園・庭園

采女城址(2015年2月)

四日市市の南部、内部川沿いの丘陵地帯に采女(うねめ)城址があります。

四日市市南部です。

四日市市南部です。

次の城郭配置図はこの地図の赤い四角の範囲です。

城郭配置図

城郭配置図

采女城は藤原氏を祖先とする後藤伊勢守基秀が1260年に三重郡采女郷の地頭職に任ぜられ、一族郎党を率いて采女の地に移住し、采女山に築いた城です。
300年あまり後藤家の支配が続きましたが、織田信長によって1568年落城しました。

采女城の由来

采女城の由来

今回歩いたのは、南部丘陵公園に車を置き、公園から尾根伝いに歩き、城跡を通って内部川に降り、再び逆ルートで南部丘陵公園に戻ったのですが、帰りのルート、内部川からのコースを再現します。

内部川沿いの道路から城跡へ登る遊歩道が整備されています。

内部川からの登城口

内部川からの登城口

この登り口のすぐそばに明らかなヌタがありました。
ぬたというのは「魚介類やネギ・ウドなどの野菜を,酢味噌であえた料理」の酢味噌を泥に、魚介類やネギ・ウドをイノシシに置き換えればわかりやすいでしょう。イノシシが皮膚の表面に泥を塗りつける場所です。

イノシシが出没することを表す「ぬた」を見つけた

イノシシが出没することを表す「ぬた」を見つけた

気を取り直して登っていくと、虎口という看板がありました。ここから武者たちが出撃していったとのこと。また守りの拠点でもあります。

虎口(こぐち)=出撃の拠点

虎口(こぐち)=出撃の拠点

虎口の上に 五の郭 があります。この城には九つの郭があったようです。今は平らな土地が残るのみなので、どんな建物が建っていたのかわかりませんが、300年続いた城ですから、それなりに立派な建物があったのだろうと思います。

五の郭

五の郭

郭と郭の間は敵の攻撃を防ぐため狭い道、あるいは橋などで結ばれています。当時はどんな橋が架けられていたのでしょう?

五の郭と一の郭を結ぶ橋

五の郭と一の郭を結ぶ橋

一の郭(本丸)は最も広い場所です。

一の郭(本丸)

一の郭(本丸)

深い井戸があります。転落防止のため格子状に竹を編んで蓋をしてあります。
井戸にまつわる落城の物語の解説板がありました。

井戸解説

井戸解説

飲料水を確保するためかなり深い井戸が作られています。

飲料水を確保するためかなり深い井戸が作られています。

一の郭の北端にちょっと高いスペースがあります。ここに物見櫓があったと推定されています。

物見櫓があったとされる場所

物見櫓があったとされる場所

物見櫓から二の郭へは空堀の縁を歩きます。

空堀

空堀

そして二の郭 どこも同じような平地ですね。どんな建物があったかわかるといいのですが。

二の郭

二の郭

二の郭から本丸の方を振り返ると、物見櫓跡が少し高い。

二の郭から空堀を挟んで物見櫓跡

二の郭から空堀を挟んで物見櫓跡

この城跡で一番高い場所は三の郭です。北側はかなりの急斜面で落ちていきます。

三の郭

三の郭

三の郭から階段のような、そうでないような桟道で降りて、尾根は東へと続いていきます。
その先は南部丘陵公園です。途中にはイノシシが地面を掘り返した跡がたくさんあり、かなり新しいのもあるので緊張します。

三の郭から南部丘陵公園方面への急斜面を降りたところ

三の郭から南部丘陵公園方面への急斜面を降りたところ

歩いて行くと、下の方が削られて枯れている木を何本も見ます。
おそらく鹿などによる食害でしょう。

食害と思われる木

食害と思われる木

今回はパスしましたが、八の郭と四の郭にも遊歩道が付けられているようです。
ぜひそちらへも行ってみようと思います。

広告

鶴舞公園の蓮

車の新車6ヶ月点検のため、名古屋の愛知日産中央店へ行った。
点検が終了するまで2時間ぐらいというので、鶴舞公園を散策。
木陰でただ立っているだけでも汗が出る。

そんな暑さではあったが、けっこう人は多い(平日の午前中なのに!)。

蓮のある池にカメラを持った人がたくさんいた。
で、私も参加。

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮(シオカラトンボ)

鶴舞公園の蓮(シオカラトンボ)

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮

鶴舞公園の蓮(向こうは名古屋大学病院)

アオメアブ(鶴舞公園)

アオメアブ(鶴舞公園)

垂坂山(四日市市内の公園)2013/10/12

四日市市北部、四日市東インターに近い垂坂山(標高75m)に行きました。
この付近は垂坂公園・羽津山緑地という自然を活かした公園になっています。

垂坂山のたぶんここが一番高い所ですが、何もない。

垂坂山のたぶんここが一番高い所ですが、何もない。

東側の景色がよく見えるポイントもありました。四日市港とコンビナートです。

131012_160307豊かな自然も残っています。

萩

ジョロウグモ

ジョロウグモ

 

萩

史跡もあります。ここに限らず、東海地方は戦国時代に信長・秀吉・家康らが出た土地柄。あちこちに3英傑をはじめとして、諸豪族の城跡などがあります。そして、戦場となった場所もたくさんあります。

垂坂山古戦場史跡 ここでは1372年南北朝の頃の戦争があり、戦国時代にも戦がありました。

垂坂山古戦場史跡 ここでは1372年南北朝の頃の戦争があり、戦国時代にも戦がありました。

夕方の鈴鹿山系。右が御在所岳、中央が鎌ヶ岳。

中央は鎌ヶ岳、右が御在所岳。

中央は鎌ヶ岳、右が御在所岳。

断夫山古墳

名古屋学院大学の横を流れる堀川、その対岸に断夫山(だんぷさん・だんぷやま)古墳がある。

名古屋学院大学白鳥キャンパスから

名古屋学院大学白鳥キャンパスから

 

東海地方最大の前方後円墳だそうで、全長151m、墳丘の高さは16mある。
伝説では日本武尊の妻となった宮簀媛or美夜受比売(みやずひめ)とされている。
すぐ近くに白鳥古墳があり、三重県で没した日本武尊が白鳥となって舞い降りたという伝説から、日本武尊の墓とも言われてきた(三重県には日本武尊の墓とされる古墳がいくつもあるらしい)が、全長70mばかりと、妻である宮簀媛の墓である断夫山古墳の半分ほどである。

現在では、どちらもこの地方の豪族尾張氏のものと考えられている。
宮簀媛は、尾張氏11代目で尾張国造となった乎止与命の娘だから宮簀媛の墓としても尾張氏の墓には違いないのだが、時代が違うだろう。

この古墳は熱田公園内にあって、野球場やグラウンドもある。しかし古墳は立入禁止だと思っていた。近くにある白鳥古墳は立入禁止になっているので同様だと思っていたのだ。
ところが先日、周濠の一個所に渡るための通路が設けられていて、入れるようになっているのを発見(何年もここを歩いているのに!)した。

断婦山古墳入口

断婦山古墳入口

入れるとわかったらすぐに実行。講義の帰りであるにもかかわらず、パソコンの入ったバッグを抱えて登り始めた。
ちなみに入口の場所は駐車場と管理事務所の間、古墳の形で言えば、後円の末端部にある。
後円部は高さ13m、ここからいったん下って前方部へ上っていく。

断夫山古墳後円部頂上

後円部の頂上付近

出会ったもの、白猫一匹、人間のカップル一組。
ちょっと下って行ったところにこんな木もあった。

こういう木があると幽玄さを感じますね

こういう木があると幽玄さを感じますね

前方部は高さ16.2mだそうで、3mほどの違いは結構大きい。
ただ全体が鬱蒼とした木に覆われているので展望は全くない。展望がない方がいいのかもしれない。
今来た道を振り返る。

前方部から後円部を見る。

前方部から後円部を見る。

次の写真は、前方部と後円部の間の一番低いあたりから後円部を見る。
130507_133926市内にありながら深山の雰囲気を味わえる貴重な場所だった。
鳥もたくさんいるが、種類などはわからない。声は聞こえても姿はなかなか見えない。

海上の森

本来は月曜が休みのところだが一昨日は一日中忙しく、代わりに昨日は予定が入ってなかったのでお休みとした。
さて、一昨日の新聞に、今年は香嵐渓の紅葉がきれいだと書いてあった。
そこで香嵐渓を目指して車を走らせてみたのだが、悪い予感がしたのでカーナビで先の方の状況を見た。
案の定渋滞だ。しかも、私が出てのは昼過ぎだから、帰る車も多く上りも下りも渋滞。
香嵐渓への道は逃げ場がないので、渋滞したら身動きが取れない。
名鉄猿投線が香嵐渓まで通じていてくれたらなぁと思うのだが、未成線のまま。それどころか開通している部分もだいぶ短縮されてしまった。

そんなわけで、早々に香嵐渓をあきらめて、海上の森を目指した。「かいじょう」ではなく「かいしょ」と読む。
愛・地球博の瀬戸会場となった部分へ行ってみた。

公園案内図

公園案内図

しっかりした管理棟があって、展示室になっているが、万博会場の模型がある部屋と、子どもの遊具がある部屋があるだけ。管理棟の隣に「天水皿」というオブジェが残されている。他には子どもの遊具がちょっとあるだけで何もない。

遊具と管理棟

上の建物が管理棟で展示室がある。

管理棟の屋上

管理棟の屋上にはモリゾーとキッコロがいた。向こうは天水皿。

月1回の日曜日はイベントが開催され、子どもたちで賑わうそうだ。伝承遊びなどを教えているらしい。

 

洲原公園(愛知県刈谷市)

2012年5月20日、知立市の教会に用事があって行った。

到着時間が早すぎたので時間つぶしに、ハイウェイオアシス刈谷へ行こうと思った。
ところが駐車場の空きを待つ行列ができている。
そこで、少し足を延ばして洲原公園へ行った。
洲原池洲原池という潅漑用の池を中心とする公園だ。

ニワゼキショウ池の土手にニワゼキショウがたくさん咲いていた。
その他にニワゼキショウとよく似た形の青い花がある。
ニワゼキショウに似た青い花ニワゼキショウに似た青い花池にはダイサギが一羽、時折くちばしを水の中に入れているが、魚を捕れたようには見えなかった。
この他に池の上をカモメよりやや小さな鳥が多数鳴きながら飛び回っており、時々急降下して水にボチャンと飛び込む。
大変素早いのでカメラを構える余裕すらなかった。
今回は40分ほど滞在しただけだが、時間がある時に洲原神社と併せてゆっくり歩いてみたい公園だ。

呼続公園

以下はアルバム「呼続公園」
https://skydrive.live.com/?cid=ce426d45a8dc6b73&sc=photos&client=wnf&Bsrc=FBAPXX&Bpub=SN.Notifications&id=CE426D45A8DC6B73%211857
の解説です。

江戸から東海道を下ってくると、笠寺観音が名古屋の入口になる。今でこそ有松は名古屋市緑区だが、昔は名古屋の隣の宿場だったのだ。

笠寺の隣に長楽寺という寺がある。今はペット供養で有名な寺だ。犬や猫の墓がずらりと並んでいる。盲導犬サーブの墓もここにある。その長楽寺の西側は崖になっていて、ちょっとした渓谷気分(あくまでも気分、水の流れは幅30センチばかりだ)があり、崖下に曽池を中心とする呼続公園がある。
高校1年の時、地理の授業で多摩地方のさまざまなところを見て回った。羽村の「まいまいず井戸」、国分寺市光町(鉄道技術総合研究所で新幹線の研究をしたところからついた地名)の「平兵衛新田」(この新田を開拓した尾又平兵衛の子孫が高校の地学の教師だった)と玉川上水、武蔵国分寺跡などと共に立川崖線上にある谷保天満宮へも行った。そこで先生が「こうした大きな寺社は崖線上にある。崖の下から水が湧き出るから」と言ったのを覚えている。谷保天満宮の場合は元々甲州街道は谷保天満宮よりも南側を通っていて、街道から天満宮に入り湧き水で手を清めた後拝殿へ向かったが、多摩川の流路が変わる度に街道も移動し、江戸時代中期以後は現在の天満宮よりも北側を通るようになったそうだ。

長楽寺の西側の崖下にある呼続公園は元は長楽寺の敷地で昭和15年に長楽寺から名古屋市に寄贈され、戦後都市公園として整備された。ということは、旧東海道は呼続公園の西側を通っていたのかと思えば、長楽寺の東側を通っていた。多摩川と谷保天満宮のように、東海道も川に関連して移動した?いや、呼続公園西側の川と言えば山崎川。山崎川は源流まで遡っても名古屋市から外に出ない短い川だ。街道を移動させるような流路の変更はあるまい。

公園に関連してあれこれ調べていたら、「忍たま乱太郎」の忍術学園の教師にして剣豪、戸部新左エ門が実在した武将富部新左衛門政直から取られていることがわかった。その富部新左衛門の居城があったのが名古屋市南区戸部町、呼続公園の南隣だ。戸部城址の碑があるが、区画整理の時に本来の位置から300mばかり移動してしまったらしい。この戸部新左衛門、自分の前を横切る者は誰でも切り捨てたそうだ。そんなことから忍たまでは剣豪ということになっているのかもしれない。ただし、お腹が空くと全く力が入らないというのが史実かどうかはわからない。

北勢中央公園

四日市市の北の外れに、北勢中央公園というのがある。
http://park.geocities.jp/hokusei_koen/index.html
少し前になるが、行ってきた。
ひろ~い芝生が続くつまらない公園だった。
オオキンケイギクと思われる花がきれいに咲いていた。

オオキンケイギク?

たぶんオオキンケイギクだと思う

大きな池が二つある。
野球場とテニスコートもある。
公園の中央付近にある西駐車場に車を駐めたのだが、
そのすぐ北側のあたり、実は畑になっている。ジャガイモ畑だ。
そのジャガイモ畑の向こう側の低く生い茂っている木々はお茶だ。
手入れされなくなって久しく、伸び放題になっている茶畑だ。

放置された茶畑

ジャガイモ畑の向こう側には全く手入れされていない茶畑がある

伊勢茶の現状を見る思いがした。
狹山茶・宇治茶は都市化の波を受けて面積が減少した。
伊勢茶は高齢化・跡継ぎ難で減少するのだろうか。

※宇治はかなりひどい。「宇治茶は、歴史・文化・地理・気象等総合的な見地に鑑み、宇治茶として、ともに発展してきた当該産地である京都・奈良・滋賀・三重の四府県産茶で京都府内業者が府内で仕上げ加工したものである。ただし、京都府産を優先するものとする。」(社団法人京都府茶業会議所による宇治茶の定義)という定義である。静岡が怒るのは当然だ。

その茶畑にヒメウラナミジャノメがやって来た。

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

白鳥庭園

今日は講義の日ではないが、チャペルで説教することになっていたので大学へ行った。
説教はローマ15:1~4で「希望の源」
以前書いたチリの落盤事故のおりの、ホセ・エンリケスさんの働きを中心に、聖書が希望を与えることを述べた。
チャペルアワーの後は、大学の隣の庭園に写真を撮りに行った。

柿の木がこんな感じに撮れた。
白鳥庭園
都会の中とは思えない渓谷が作られている。ただし、木々の間から高層マンションが見える。
前回は去年の春だったので1年半ぶりだ。
平日の午後だったが、かなり多くの人が来ていた。
鯉の唇

アルバムは以下の所:
http://cid-ce426d45a8dc6b73.photos.live.com/browse.aspx/101116shirotori

戸田川緑地

名古屋市中川区に戸田川緑地というところがある。
国道1号線と302号線が交差するあたりで、戸田川に沿って3つのエリアに分かれているがまだ完成していない。
南地区は農業文化園とこどもランドがあり、賑わっている。
中央地区は遊具のある場所はそこそこ人がいるが、広大な芝生と未完成の「西の森」はあまり人が来ない。
北地区は国道1号線より北側だが、まだ地図にも載っていない。
2010年9月20日(敬老の日)、近くの病院にお年寄りを訪問した後、寄り道をした。
アルバム